料金を把握しよう|テープ起こしを依頼する前にチェック

翻訳は代行に依頼しよう

翻訳業務に社員が慣れていなければ、社員にかかる負担が大きくなってしまいます。そこで翻訳代行を利用して、翻訳業務に慣れている方に依頼するとよいでしょう。また安い業者を利用したい時には、一括比較サイトを利用するのも1つの手です。

やり取りが発生する

翻訳のプロである翻訳会社に依頼することで、質の良い翻訳を手に入れることが可能です。日本や海外独自の言い回しを適切な形にしてくれます。重要な内部資料が使用されることもあるので、信頼できる会社選びが必須です。

難易度が高い作業

女性

語学と知識のスキル

国際化社会の中、翻訳の需要は高まっています。今までは英語が中心の翻訳業界でしたが、ビジネスの進出は英語圏だけには限りません。そのため中国語や韓国語などアジア地区をはじめとする言語の翻訳の需要が年々高まっています。製造業の進出は最近特に顕著になっています。日本に進出してくる企業は安い製品化価格で魅了しています。製品にはマニュアルが添付されています。このマニュアルは使用する国で利用されるものです。そのためマニュアルの翻訳の需要が高まっているのです。マニュアルの翻訳は一般的な書物の翻訳とは異なります。それはニュアンスが異なれば全く異なる意味になるからです。また専門用語が多く、製品などに精通している知識も必要とされるのです。また、テープ起こしが必要な場合はテープ起こし業者に依頼すると良いでしょう。料金は時間によって決められることが多いのですが、1分200円前後が相場になっているそうです。もしこの1分間に沈黙の時間が長くても料金は加算されてしまうので、文字数に応じて料金が発生する業者に依頼をするなど工夫することが重要になります。

専門の会社のすごさ

マニュアルの翻訳を依頼する場合には、それを専門に行っている会社に依頼することが最も有効な方法です。専門知識を有しているため、それなりのノウハウと経験を持っているのです。語学と専門知識のスキルの両方を持っているため、安心して依頼することが可能になります。またマニュアルなどは複数名で翻訳を行うケースが多いのですが、一人一人にニュアンスが異なるとまとまらなくなってしまいます。そのため、ルールを一定に保ち、品質基準を統一する仕組みなど工夫もなされています。そのため仕上がりの品質は他の業者などに依頼するより非常に高くなっている特徴があるのです。まだ専門に行う会社の数は少ないのですが、今後需要が拡大するとともに会社の数も増加することが想定されています。

利用する場合

翻訳サービス業者を探す際には、とにかく明確になっているところがおすすめで、料金設定がわかりやすければ比較もしやすくなります。スピードも大切ですから、オンライン系の業者なら素早く対応してもらえます。それ以外なら、スタッフさんの人数が多いところを選べば良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加